検定部

【新しい全商検定①】ビジネス計算実務検定の改定ポイント

検定部

全国商業高等学校協会のHPにて、ビジネス計算実務検定(旧:珠算・電卓実務検定)の詳細情報が上がっていたので、まとめてみました。

受験料

1級~3級:000円(据え置き)

普通計算部門

大きな変更点はやはり、100点満点から300点満点でしょうか。

他にも、電卓については構成比率や小・合計の計算が大きく増え、以前よりも早い計算技術が必要になると言えます。

珠算

珠算部門の出題数については、次の通りです。

配点は次の通りです。

合格点は210点以上です。(各区分毎の最低合格ラインは定めません)

電卓

電卓部門の出題数は次の通りです。

配点は次の通りです。

合格点は210点以上です。(各区分毎の最低合格ラインは定めません)

ビジネス計算部門

出題範囲に改定があります。合格点は変わらず70点以上です。5点×20問=100点です。(変わらず)

共通

定価・売価の表記が変更される

※定価 ⇒ 予定売価
※売価 ⇒ 実売価
※総売上高⇒実売価の総額

1級

選択問題の廃止⇒A・Bについては、共通問題として出題。

複利年金の計算が追加(旧:選択Aの問題)

証券投資の計算が追加(旧:選択Bの問題)

旧:選択Cの経営分析は範囲から除外される

2級

複利計算の追加(1級より)
※数表を用いて計算する

減価償却費計算の追加(1級より)
※定額法に限定し、作表あり

参考・ソース元

全国商業高等学校協会・ビジネス計算実務検定

コメント

タイトルとURLをコピーしました